正しいスキンケア理論に基づいた化粧品を選ぶこと。
それが美しい肌づくりの第一歩です。

私が美容医療をはじめて十数年がたち、レーザーや薬でシミやシワの治療を行いながら、やはり肌が健康でなければ、きれいに見えないことに気がつきました。

「きれいな肌を決定づけるのものは、肌の健康状態」

これは全ての年齢の方に当てはまります。そこで、赤池クリニックでは、最新の薬や器械でシミやしわをとりながら、健康な肌を作ることを提案しています。

これにはまず「こすらない、洗いすぎない」ということが重要です。

クリニックで診察をしていると間違ったスキンケアを実施した結果、キメがけずれてしまった方がほとんどです。しかし、肌の再生力は強いので「洗いすぎない&こすらない」を徹底すると、短期間で白くふっくらとキメが整い、みずみずしい肌に変わっていきます。キメが整ったあとは、使い心地がよいだけでなく、本当に効果のある化粧品で保湿・抗酸化ケアをして老化を予防し、健康的な若々しい肌を目指しましょう。

医師  赤池 瞳

【略歴】昭和57年徳島大学医学部卒。医学博士。

日本内科学会認定医。日本糖尿病学会専門医。日本美容皮膚科学会会員。日本循環器学会会員。asc(AKAIKEスキンケアセンター)グループ代表。

H.3 内科開院。H.14「asc west」を内科に併設し臨床医の立場からスキンケアの大切さをアドバイス。H.15 メディカルエステ「asc clement」、医療レーザー脱毛専門「赤池クリニック」を新設。

『元々は内科医なのですが、数年前に肌がひどく荒れたことがあってエステやクリニックに行きましたがよくならず、ならば自分で、とスキンケアの勉強を始めました。その時、私のように悩んでいる方が多いのではと思ったのです。

私は最新の医療が好きですが、常にリスクとリターンを考え「自分だったらどうしてほしいか」をいつも考えています。』

臨床現場から生まれた、肌本来のチカラを引き出す、シンプルなスキンケアです