日焼け止め―理想の日焼け止めは Wブロック!―

どんな日焼け止めが効果的なのか?

それは紫外線ダメージをWブロックしてくれる日焼け止めです。まずは「紫外線防止剤」で紫外線ダメージをブロック。さらに防ぎきれなかった紫外線ダメージを、「抗酸化物質」でブロック&ケア。

「紫外線防止剤」と「抗酸化物質」で、紫外線ダメージをWブロックできる日焼け止めが効果の高い日焼け止めです。

よくSPFが高いほうがいい日焼け止めと思われがちですが、大切なのがTPOにあわせてSPF値を選ぶということです。たとえば通勤、通学、買い物などの日常生活を送るときはSPF16~30程度の日焼け止めで十分です。SPF50などのSPF値の強い日焼け止めは、海や山などのレジャーのときだけで十分です。またSPF値の高い日焼け止めは肌に与える負担も大きくなります。毎日SPF50の日焼け止めを使うことは、かえって肌を傷めてしまいます。

重要なのは、TPO(時と場所)による使い分けです。

「日焼け止めを使えば大丈夫」と思っていませんか?紫外線対策にもビタミン補給

肌のコンディションを正常に保つために欠かせないビタミン。紫外線は、肌のビタミンを壊します。日焼け止めによって紫外線を防ぐことだけを考えがちですが、ビタミンを補給することも紫外線による光老化を防ぐためには有効です。

製品紹介

〈日焼け止め〉

UVクリーム SPF25 PA+++

50g 3,240円(税込)

さらっとした使い心地で、肌に優しい日焼け止めです。ノーベル賞受賞成分・フラーレンを配合しましたので、紫外線を肌の外と内でダブルブロックできます。さらっとした使い心地なので、べた付くのが嫌いな方にも。

[使い方]まずパール1個カラ1.5個を手のひらに伸ばして顔全体にやさしくつけます。よく日焼けする高い部分はもう1回重ね塗ります。

[使用量の目安]適量(パール粒2個分)

[全成分]水、シクロペンタシロキサン、BG、酸化亜鉛、イソノナン酸イソノニル、酸化チタン、PEF-10ジメチコン、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、アルミナ、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、トリエチルヘキサノイン、トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン、プルラン、ヤシ脂肪酸スクロース、キサンタンガム、褐藻エキス、アルカリゲネス産生多糖体、グリチルリン酸2K、リン酸アスコルビルMg、フラーレン、酢酸トコフェロール、トコフェロール、メチコン、PVP、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール